この度は、緊急クラウドファンディングにもかかわらず、約170名の皆様にご支援いただき、
つつしたブランド継続の為の第一段階の機械を導入させていただくことが叶いました。
心より御礼申し上げます。
足元にお困りの世界中の方々へ日本のものづくり【つつした】をお届けできますよう、
今後共に皆さまのお力添えをよろしくお願いいたします。

2024年5月10日~31日間、REDY FORにてクラウドファンデイング
https://readyfor.jp/projects/tutushita

以下、【ただただ応援・つつしたを広める仲間になる】にお申し込み頂き、
ご許可を頂きましたご支援者さまです。(敬称略・順不同)

  • 上田栄利子
  • 上田尚輝
  • 澤 清美
  • 下村勝巳

  • Sue
  • うーたん
  • なあさん
  • ぴょんす
  • T・H
  • M・O
  • T・I
  • S・H
  • S・T
  • R・T
  • T・I
  • K・S
  • T・I
  • T・F
  • M・K

その他、多数のご支援、ありがとうございました。

小野顕弘|公務員

老舗の靴下工場から 一品一品こだわりの靴下を消費者の方に直接届ける新しい事業に転換され 人に優しくの中江社長の思いを込めて完成されたオリジナル商品「つつした」 履き心地を追求して 高級素材を伝統的な丸編機で 丁寧に編みたてることで作り出される素敵な靴下 これからも たくさんの方に愛される靴下を作り続けて皆さんに笑顔を届けてくださいね これからも応援しています。

緒方 希|コロコロキッズアートクラブ 代表 アート講師・リサイクルアーティスト

かかとのない靴下「つつした」を長年愛用しています。履き心地や耐久性、蒸れないなど利点ばかりで夏は特に手放せません。 また自身のアート教室で、つつしたの端材を使ってリサイクルアートとして人形をうみだす活動もさせていただいております。 製品上の特性で、御社の商品でしか表現できないものであり、こども達もとても喜んでいます。 端材まで笑顔をうみだすつつした、凄いと思います。今後も心より応援しております。

河島大地|pink india JAPAN 代表

私のつつしたとの出会いは2018年にさかのぼります。 当時、私が阪神百貨店の催事売場で販売をしていたその目の前の売場に、見たこともない独特な「いでたちの靴下たち」が並んでいました。その時に初めて「つつした」なるものの存在を知り、後日HPを見てその完成までの大変な苦労と紆余曲折なストーリーに感銘を受けたのを今でも覚えています。 私自身、つつしたの愛好家でもあり、弊社ブランドのオリジナルのつつしたも作成頂いています。履き心地も抜群で、履いていると本当に足も心もリラックスできます。 私も、小さいながらに経営に携わるものとして、常日頃から中江社長の生きざまや、日本のモノづくりに対する危機感を共有させて頂いています。大量生産でしかできないものもある中で、昔ながらの技術でこれからの私たち日本人の足元の未来を支えていく、そんなつつしたを応援しています!!そして、世界に誇る日本のメリヤスの技術をこれからも伝えていってほしいと思っています。 少しでも早く機械を修理して、またたくさんの人々を笑顔にしてください。 中江社長、がんばれーーーーー!!!

中澤未生子|エマーブル経営法律事務所代表 弁護士・中小企業診断士 

私は、女性の創業や事業承継を支援したいという想いで独立したものの、まだ経営が軌道に乗らず不安な時期に中江社長と知り合いました。「つつした」を履くと、他の靴下では物足りなくなるくらいフィットするという商品自体の良さは言うまでもありませんが、中江社長が「つつした」を開発されるまでのストーリーは、数々の困難を乗り越える勇気を与えてくれました。また、「つつした」の一足一足には、中江社長の会社に対する想い、共に働く人たちに対する想い、そしてお客様に対する想いが込められています。その想いが是非、多くの方々に届きますように、本事業の成功を応援しております。

川村 慶|川村義肢株式会社 代表取締役  

「自分でできること」応援したい
川村義肢株式会社は障害のある方とそのご家族が私たちの大切なお客さまです。「障害は個性だ」なんて軽はずみなことを私は言えませんが、失ったものを数えるよりも残されたものを最大限に活かすことで、誰かのお役に立てることをお客さまとともに創意工夫しております。そこで出会ったのが「かかとの無い靴下」です。障害の有無や度合に関わらず、誰かの助け無しに自分でできることが一つでも増えることは、生きていく自信につながります。この小さな自立(自律)との出会いは家族や地域社会にとっても大きな感動を生むでしょう。この事業が多くの方々に認知され、成功できるように応援しております。

ぴょんす|動画クリエイター

「足元革命」
僕が”つつした”の魅力に惹かれたとこ。それは”履き続けてわかる心地”よさでした。そもそも靴下に履き心地を求めた事がなかった自分ですが、つつしたを愛用していた知人から「履いたらわかるから、一旦履いてみてほしい!」という言葉を信じて実際に履いてみました。 あれから4年ほど経ち、今でも当時履いていた”つつした”を愛用しております。 丈夫で長持ち、汗も蒸れず匂いもなし、ストレスなく履き続けてます! そして、この”つつした”を沢山の人に知ってもらいたいという気持ちです! これからも進化し続ける”つつした”を応援しております。

松田 和人|マツダ紙工業株式会社 代表取締役社長 

7-8年前に異業種交流で中江社長と知り合い、つつしたを知り、愛用しています。つつしたの良さはなんといっても履きやすくてしっかりしている所です。今までに見たことのない形だったので、使い心地はどんな感じか?と思っていたのですが、上下関係なく履ける上に、しっかりフィットしてズレないので普通の靴下よりもストレスがないですね。 樋口メリヤス工業さんがこれからも良い商品を作り続けていけるように応援しています。

松本ルミ子|認定介護セラピスト

つつした大ファン! 最近では同じデザインの黒を買い続け、片方がくたびれてきたら入れ替えるという技を取得✌️そんな私が、つつした愛用の理由はと聞かれたら‥ ◎かかとが無いから手元見なくても着用でき わたしみたいな小さな足にもピッタリ! ◎足の蒸れが気にならず疲れにくい。 ◎足へのフィット感抜群で立ち仕事やスポーツ時にも快適。 そしてなんと言っても、糸を紡ぐ伝統的な機械の音。知る人ぞ知るわたしの大好きな靴下です。 長年『靴下、つつした』一筋の人生を歩んでいる優子さんの情熱がこのクラファンを通じて、たくさんの方に知っていただき、実現出来ることを私も信じています。 微力ですが、私も応援させていただいております! みなさまのお力添えもどうぞ、よろしくお願いいたします。

谷口 裕子|フットケアサロン経営

平成16年に正看護師、フットケア指導士取得。 現在高槻市介護予防マイスターとして活動しフットケアサロンを営んでおります。 足や爪トラブルに悩む潜在的な方々は1000万人にもおよぶといわれ高齢の方々以外に若年層の方々も、 足や爪のトラブルに悩んでおられる方は少なくありません。 日本は長寿国で人生100年ともいわれる中、足の寿命は約50年です。 足の環境を見直すことがこの先100年時代の足をつくるきっかけになります。 その一つに靴や靴下の見直しがあります。 靴のサイズが合っていない 靴下のサイズも合っていない ことは二重の圧迫が足や爪にかかります。 まずは靴下のサイズが合っているか見直す必要がある中、つつしたさんの靴下はサイズフリーのため足や爪にストレスフリーなのが特徴です。 サイズフリーな靴下をさがしてたどり着いたのがつつしたさんの靴下でした。

■ 宮崎 敦志|みやざきメイクLaBO/えんたま 代表

靴下はなんでも同じと思っていました。社長さんがいい人なので推しに負け試しに一足購入。最初は少しきついと感じました。慣れてくるとむしろ足元が引き締まり足が軽く感じます。疲れて帰ってきても不思議なことに足だけは軽いです。仕事上、革靴で歩いたり、運転したり、お客様の自宅に上がります。匂い等が気になりますが、全くありません。蒸れる季節でも匂わないのは驚きでした。最大の特徴は踵のない筒状にあります。履き続けると自分の足の形になってきます。履けば履くほど自分用の靴下になるのが素晴らしいです。プレゼントした奥さんと友人たちも手放せないと言っていました。つつしたは一生涯付き合えるパートナーです。

岡村照美|THE-POSTING CORPORATION 創業者

現7代目社長とは20年以上ものお付き合いになります。 彼女の持ち前の明るさと優しさ親切さは、私の知る限りでは誰よりも素晴らしいと思います。 どんな困難にも立ち向かい困っている人を見かけては、いつも気にかけ励ましてくださいます。また、多くの方々の手助けも数多くされておられます。 私自身も彼女に沢山支えられましたし、救ってもいただきました。「困っている人のための靴下を作るんだ」と口癖のように話をしてくださいます。そんな彼女が手掛ける靴下は、心のこもった靴下であるのはもちろんですが、他には無い工夫の込められた靴下であるのは言うまでもありません。

※掲載している名称および画像は全てより許諾を得て掲載しています